ボーダレス化

日本のクリーニング業界の需要予想は厳しいという。その背景には人口の減少だけでなく家庭用洗濯機メーカーや家庭用洗剤メーカーの企業努力がある。従来はクリーニングに出していたようなものでも洗えるという洗濯機や洗剤が増えてきたためだ。これに対してワイエイシイ新潟精機は海外向けとクリーニングや縫製以外の分野を伸ばそうとしている。その取り組みには半導体や液晶など幅広い製品分野を持つワイエイシイとの連携が効果を発揮しそうだ。

http://column.onbiz.yahoo.co.jp/ny?c=ms_l&a=003-1239241870

これをボーダレス化といい、企業が倒産しかねない状況になる。
CDの出現で、レコード針メーカーが倒産したように・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック